Road To Throne Of Skulls

へっぽこミニチュアゲーマー野火のWARHAMMER40000関連の記事を書くページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3/17 Arrows1250ポイントトーナメント

3/17日アローズさんの1250ポイントトーナメントに参加してきました。

レギュレーションはこんな感じ

今日はメモ的な感じで。主に自分やディーモン使いさんにお得な情報(?)を読み取って頂ければ。3戦して2勝1敗で8人中3位。まぁまぁですね。各戦でなるほどディーモンの弱いところがわかってきました。レポート的なものは次回以降に。

ロスターこんな感じ

HQ(3ヘラルド)
ヘラルドオブティーンチ(3lv、上級妖力場)120ポイント
ヘラルドオブティーンチ(3lv、ディスク)120ポイント
ヘラルドオブティーンチ(2lv)70ポイント

トループ1:ピンクホラー×20(イリディセントホラー、光爆の軍旗)205ポイント
トループ2:ピンクホラー×17(イリディセントホラー)158ポイント
トループ3:ピンクホラー×17(イリディセントホラー)158ポイント
トループ4:プレーグベアラー×12(プレーグリドゥン)113ポイント

ファスト:スクリーマー×5 125ポイント

ヘヴィ:ソウルグラインダー(ナーグル、粘液爆撃)180ポイント

基本的な方針:相手の編成によってヘラルドの合流先を決める。モンスターや優先して除去すべきヴィークルなどが1ユニットあったならば、20体のピンクホラーユニットにヘラルドが全員合流し「上級の妖力場」で攻を6にした"変化神の瞬火"をリロール付きで撃ちまくり2ターン目以降別ユニットに合流したりする。その為のディスク乗りヘラルド。接近戦になりそうだったら早めにヘラルドは離脱すること。スクリーマーは最早頼れる4番バッターではなく怪我した補欠くらいの扱いなので、ディヴィネーション0番掛けられたら掛けて(その為のディスクヘラルド)ヤツメウナギの牙を当てられるようにする。まぁ・・・敵戦線突破要員くらいの考えでいいのか。もうスクリーマーはリストラかなぁ。シーカー15体居るから全部塗って出すかな旗持てるし。ヘラルドも合流できる。

なんとこのロスター、接近戦の強いユニットはソウルグラインダーだけである!対空対策もソウルグラインダーだけである!ヴィークル対策もソウルグラインダーだけである!(笑)

今日の反省:ピンクホラーは20体ユニット1つは作るとして、後は11~12体ユニットでした方がよいかも。ただしユニット数は増やす(3→4など)。できるだけ相手ターンで突撃されてちょうど良く全滅するくらいの柔らかさが必要。金床戦術ではなく波状攻撃のような。

波状攻撃と言えば、ピンクホラーを1列横に広く並べて後ろに別ユニットをまた1列で並べる。後列のユニットは前列ユニットより1兵横に出す。というのを今日思いつき3戦目に実践した(最初は丸く配置してたけど、歩いてくるティラニッド相手に引き撃ちしてるうちに自然にそういう形になった)。たぶん、無意識にやってたと思うけど今日言語化できた。「妖術師の団」をのルールなら1体でも見えててレンジ入っていれば撃てるし。それで更に帰宅中に思いついた利点は広い面で敵の突撃を受け止められ、適度に脆く全滅してくれる方がいい(だから1ユニットの兵数は減らし11~12体で編成した方が良いかもと思いついた)。

適度な脆さとは自分はよく書いているが、所詮キルポイントマッチなんて1/6なんで、考えても仕方がない(勝率に反映されない)。トループのユニット数は多いほうがいい。きっちり全滅してもらって波状攻撃をする。ピンクホラーは攻撃力が乏しくポイントが安く脆いのでその役割にピッタリ。汚い手段がディーモンらしい感じなんでドンドンやっていこうと思う。ただし、CSMの一騎打ちは受けない。ダークエルダーと戦う場合はペイントークンがあるからその戦術は避けるなどと例外もある。っつーか、ダークエルダーと戦う場合はお互い先手必勝高火力でどれだけ最初に削れるか、だし。

明日仕事なんで今日はこれくらいで。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/18(月) 01:18:21|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新ディーモンについて語りますかね(其の1) | ホーム | 新ディーモンでゲームしてきた>>

コメント

美しいピンク

昨日は対戦ありがとうございました!
ピンクホラーを中心とした鉄壁な攻撃力の前になすすべなく完封されました~。
野火さんのアーミーはすべてのユニットがすべてうまく連携し機能するように組み立てられており、編成の美しさを感じました。
またいろいろ教えてください。では!
  1. 2013/03/18(月) 07:40:20 |
  2. URL |
  3. ニッシュ #-
  4. [ 編集 ]

先日はお疲れ様でしたっ!

ニッシュさんのエッジのラインまできっちりペイントされた美しいダークエルダーにスラーニッシュ神の心が揺り動かされました!!

自分のディーモンにはスラーニッシュが居なかったのでなんとか踏みとどまって戦うことができましたが(笑)。

ちょうど僕の編成が攻6以上の射撃が多かったので痛みを知らぬものが使えないケースが多かったりとか、ダークエルダーはサイキック使わないからこっちのサイキックが通りやすいなど相性的な面でこっちが有利だったと思います。たぶん、僕が負けた阿修羅さんのティラニッドのモンスター編成にはダークエルダーはめっちゃ有利ですから。そう考えるとなかなか面白いです。
  1. 2013/03/19(火) 09:24:27 |
  2. URL |
  3. 野火 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noviroadtotos.blog.fc2.com/tb.php/16-77d15886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

野火(novi)

Author:野火(novi)
東京在住のミニチュアゲーマー、ゲーム歴は長くゲーム回数は少ない。原体験は小学校4年生の時に出会った新和版D&D(通称赤箱)。Warhammer40000ではケイオスディーモンとティラニッドをやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
warhammer40000 (17)
BFG (1)
スローンオブスカル (4)
自己紹介 (1)
SAGA (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。