Road To Throne Of Skulls

へっぽこミニチュアゲーマー野火のWARHAMMER40000関連の記事を書くページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3/17 Arrows1250ポイントトーナメント

3/17日アローズさんの1250ポイントトーナメントに参加してきました。

レギュレーションはこんな感じ

今日はメモ的な感じで。主に自分やディーモン使いさんにお得な情報(?)を読み取って頂ければ。3戦して2勝1敗で8人中3位。まぁまぁですね。各戦でなるほどディーモンの弱いところがわかってきました。レポート的なものは次回以降に。

ロスターこんな感じ

HQ(3ヘラルド)
ヘラルドオブティーンチ(3lv、上級妖力場)120ポイント
ヘラルドオブティーンチ(3lv、ディスク)120ポイント
ヘラルドオブティーンチ(2lv)70ポイント

トループ1:ピンクホラー×20(イリディセントホラー、光爆の軍旗)205ポイント
トループ2:ピンクホラー×17(イリディセントホラー)158ポイント
トループ3:ピンクホラー×17(イリディセントホラー)158ポイント
トループ4:プレーグベアラー×12(プレーグリドゥン)113ポイント

ファスト:スクリーマー×5 125ポイント

ヘヴィ:ソウルグラインダー(ナーグル、粘液爆撃)180ポイント

基本的な方針:相手の編成によってヘラルドの合流先を決める。モンスターや優先して除去すべきヴィークルなどが1ユニットあったならば、20体のピンクホラーユニットにヘラルドが全員合流し「上級の妖力場」で攻を6にした"変化神の瞬火"をリロール付きで撃ちまくり2ターン目以降別ユニットに合流したりする。その為のディスク乗りヘラルド。接近戦になりそうだったら早めにヘラルドは離脱すること。スクリーマーは最早頼れる4番バッターではなく怪我した補欠くらいの扱いなので、ディヴィネーション0番掛けられたら掛けて(その為のディスクヘラルド)ヤツメウナギの牙を当てられるようにする。まぁ・・・敵戦線突破要員くらいの考えでいいのか。もうスクリーマーはリストラかなぁ。シーカー15体居るから全部塗って出すかな旗持てるし。ヘラルドも合流できる。

なんとこのロスター、接近戦の強いユニットはソウルグラインダーだけである!対空対策もソウルグラインダーだけである!ヴィークル対策もソウルグラインダーだけである!(笑)

今日の反省:ピンクホラーは20体ユニット1つは作るとして、後は11~12体ユニットでした方がよいかも。ただしユニット数は増やす(3→4など)。できるだけ相手ターンで突撃されてちょうど良く全滅するくらいの柔らかさが必要。金床戦術ではなく波状攻撃のような。

波状攻撃と言えば、ピンクホラーを1列横に広く並べて後ろに別ユニットをまた1列で並べる。後列のユニットは前列ユニットより1兵横に出す。というのを今日思いつき3戦目に実践した(最初は丸く配置してたけど、歩いてくるティラニッド相手に引き撃ちしてるうちに自然にそういう形になった)。たぶん、無意識にやってたと思うけど今日言語化できた。「妖術師の団」をのルールなら1体でも見えててレンジ入っていれば撃てるし。それで更に帰宅中に思いついた利点は広い面で敵の突撃を受け止められ、適度に脆く全滅してくれる方がいい(だから1ユニットの兵数は減らし11~12体で編成した方が良いかもと思いついた)。

適度な脆さとは自分はよく書いているが、所詮キルポイントマッチなんて1/6なんで、考えても仕方がない(勝率に反映されない)。トループのユニット数は多いほうがいい。きっちり全滅してもらって波状攻撃をする。ピンクホラーは攻撃力が乏しくポイントが安く脆いのでその役割にピッタリ。汚い手段がディーモンらしい感じなんでドンドンやっていこうと思う。ただし、CSMの一騎打ちは受けない。ダークエルダーと戦う場合はペイントークンがあるからその戦術は避けるなどと例外もある。っつーか、ダークエルダーと戦う場合はお互い先手必勝高火力でどれだけ最初に削れるか、だし。

明日仕事なんで今日はこれくらいで。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/18(月) 01:18:21|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新ディーモンでゲームしてきた

スローンオブスカルのレポートが途中になってますが、えーと今FB1000ptsで新しいアーミー作ろうキャンペーンの締切りと新ディーモンリリースで切羽詰っております。気長にお待ちください。

なんて言いつつ、昨日発売した新ディーモンコデックスで1500ポイント戦してきたよ。

新ディーモン 第1ロスター(1500pts)

HQ1:ブラッドサースター(素のまま)250pts
HQ2(ヘラルド4体まで)
1:チェンジリング75pts(ピンクホラー2に合流)
2:ヘラルドオブティーンチ(マスタリー3Lv、上級の妖力場)120pts
  (ピンクホラー1に合流)
3:ヘラルドオブナーグル(マスタリー1Lv、中級の豊穣力場、下級褒賞)105pts
トループ1:プレーグベアラー×20(疫病の軍旗、プレーグリドゥン)205pts
トループ2:ピンクホラー1×20(光爆の軍旗、イリディセント・ホラー)205pts
トループ3:ピンクホラー2×16(イリディセント・ホラー)149pts
エリート1:フレイマー×5 115pts
ファスト1:スクリーマー×6 150pts
ヘヴィ1:スカルキャノンオブコーン 125pts

TOTAL 1499pts

昨日発売した新コデックスディーモンを遊んでみました。対戦相手は1月からミニチュアゲームを始められ1ヵ月で1500ポイントを見事に塗り上げた猫40KさんのCSM。

新製品だからスカルキャノン使ってみた(前日夜11時に帰ってきて組み立て・サフ吹き・下地塗りまでやったよ)けど、猫40KさんのCSMに今回カルティストが一人もいなかった為、パワーアーマーにセーブされ1体くらい倒したのみ。でも、1ターンハデス・オートキャノン(S8を8発)とツインリンクラスキャノン2発を耐えしのいだ(夜戦&廃墟カバーで3+)し2ターン目で撃破されたけどそこまで撃ってもらえればポイント分働いたよ!!おかげでピンクホラーがケイオスマリーンのトループを削る時間が稼げました。確保戦だったのでいかにトループを削るかしか考えてなかったので。

ピンクホラーのポイントが下がった分、サイキックなので警戒射撃ができなかったりセーブが悪化(5+で最初の1失敗振り直し)したりとうまく調整されてます。プレーグベアラーがT5→4になりFNPがなくなったけどディフェンスグレネード標準装備で闇の覆い持ちでポイントが9ポイント。攻撃面ではヴィークルを貫通判定6で跳弾ヒットついたりと防御面を微下げの替わりに攻撃面を上げ(疫病の軍旗も便利)た巧い調整。全体的にティーンチ1強だった前コデックスから、各神にそれなりに特色が付き選択肢が増えたな、という印象です。人によってはデチューンっぽく見えるでしょうし実際弱体化してるなという部分もわかります。でも、ディーモン選んでる時点で最初っから強アーミーだとは思ってないでしょ(笑)と思うんで。あと、自分はほぼ全ユニット持ってるから単純に使い道が増えて嬉しいな~、と。

強さを求めるなら、ブラッドサースター使ってエリート全く入れない。トループ20人1枠で数を稼いでヘヴィ枠ソウルグラインダー3台。トループには基本ヘラルド合流でファストでプレーグドローン(旗持ち。後続縦深呼び込み要員兼敵戦線突破)でもいれとけば勝てるんじゃね?って思いますが。
そこまでやらなくても楽しくゲームできればいいや、って感じですな。ま、そこそこの強さですよ?たぶん。

この日のゲームの模様は猫40Kさんのご協力でムービー化されております。こちらのページで見られます。僕とミヤザッカルさんのゆる~いディーモントークも収録。
  1. 2013/03/04(月) 00:37:05|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

野火(novi)

Author:野火(novi)
東京在住のミニチュアゲーマー、ゲーム歴は長くゲーム回数は少ない。原体験は小学校4年生の時に出会った新和版D&D(通称赤箱)。Warhammer40000ではケイオスディーモンとティラニッドをやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
warhammer40000 (17)
BFG (1)
スローンオブスカル (4)
自己紹介 (1)
SAGA (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。