Road To Throne Of Skulls

へっぽこミニチュアゲーマー野火のWARHAMMER40000関連の記事を書くページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/26 アポカリプス・ナウ

柏Mr.fieldさんで行われた総勢16名参加したアポカリプスを見学してきました。

僕は土曜日が仕事なので2時半まで見学。今度機会があったら絶対に参加したいです。

当日は3卓用意されていました。

まずは混沌大連合(CSM&ディーモン15000ポイント)vsマリーン連合(ウルトラ&ウルフ15000ポイント)
ブラススコーピオンにプレーグリーパー、マリーン側はフェルブレイド!!

CIMG0080.jpg

オルク大族長連合vsケイオス(10000ポイント)

CIMG0087.jpg

そして、日本国内にこれほど1卓にタイタンが集まったことがあるだろうか?
各種混成連合(なぜかエルダー同士討ち。マッチングの問題で)

ウォーハウンドだけじゃなくてリーバータイタンまで!!凄い。

CIMG0118.jpg

タウのForge製大物フライヤー、タイガーシャーク!!

CIMG0107.jpg


プレーグリーパー!!驚きの再現度。

CIMG0097.jpg

ニッシュさんのガルガンチュア・スコイゴス!!

CIMG0105.jpg

オルク大族長連合のストンパ達。手前の棺みたいなのはフルスクラッチのドゥームズデイ・デバイスだ。

CIMG0103.jpg

あとエルダーのスーパーヘヴィタンクのコブラやらナーグルのプレーグハルクやら、相変わらず大量のヴェンデッタとか、ブリッツボマーとか、とにかく凄まじい!!僕も積んでるフォージのデーモンロード塗って使ってみたいですね。

残念ながら2時半で仕事に行くことになり、2ターン目の頭くらいまでしか見られなかったのですが、楽しそうな雰囲気は伝わってきたでしょうか?とにかくMr.fieldさんは店内も広くて充実したテレインもあって、アポカリプスをやるのに最高の環境ですね。さぁ迷う必要はない、アポカリプスの戦場はここにあるのだから。皆、ひたすら増強に励むのだ!!と心の扉を押された気分です。まぁ、放っておいても勝手に自分で増強し続けますけど(笑)。今回参加された皆さん、準備や運搬などとても苦労されたと思いますが、その分だけとても充実したゲームを楽しまれたと思います。今度は僕も参加したいですね!!
スポンサーサイト
  1. 2013/01/30(水) 03:10:14|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/20 ARROWS1250ポイントトーナメント

最近更新をサボってゲームしたのに溜まってしまったので一気に書いていきます。

tyranidarmy


1/20(日)は千葉県稲毛のARROWSさんの1250ポイントの40Kトーナメントに出てきました。僕はティラニッド。

その前の週に阿修羅さんのティラニッドと対戦して、久しぶりにティラニッド熱が上がってきたので引っ張り出してきました。

HQ ハイブタイラント(羽)230ポイント
エリート ハイブガード×3 150ポイント
ファスト ハーピー(ツインリンクヘヴィベノムキャノン)170ポイント
トループ1 ターヴィゴン(クラッシュクロウ、アドレナリン分泌腺、毒袋、カタリスト) 205ポイント
トループ2 ターマゴーント(フレッシュボウラー)×16 80ポイント
トループ3 ターヴィゴン(クラッシュクロウ、アドレナリン分泌腺、毒袋、カタリスト) 205ポイント
トループ4 ターマゴーント(スパインフィスト)×15 90ポイント
トループ5 リッパースォーム×9 90ポイント

羽根付きハイブタイラントとハーピーのフライングモンスターと、トループ枠でも2体のモンスターを入れつつ、リッパースォームなどで総ウーンドを底上げして安定化を図っている感じです。何気に数で押す感じ。

参加アーミーは僕ティラニッドの他に、オルク・ダークエルダー・ブラッドエンジェルス・ケイオススペースマリーンと店長のダークエンジェルでした。

1戦目はmarupeさんのオルク。(ピッチバトル確保4)

CIMG0057.jpg


先攻を取ったのでとりあえず前進。かなり久しぶりのティラニッドなのでちょっと配置でミスる。ターヴィゴンが結構無防備。後攻でオルクの射撃でターヴィゴンが1体死亡。ルータ満載かと思ったらロキット満載だった。しかも5・6よく出てターヴィゴンに刺さる刺さる。周囲のゴーント20躰以上を巻き込んで死亡してくれたのでかなり出鼻をくじかれました。

なんとか距離を詰めたあとはハイブタイラントの突撃などでトラックを破壊し、接近戦へ。どちらも数が多く膠着しますが、タイラントがめちゃ強くてバイクユニットとウォーロードを倒します。marupeさんが確保2こっちが確保1個。サブ目標はこっちが敵戦線突破とウォーロード撃破を取り、あちらが先制打撃を取っている状況で時間が押してきたので4ターン目裏の僕の番で終わることに。よしよし、ハイブタイラントで飛んでいってマーカーを混在にすれば勝てるぞと思いましたが。

「ヴィークルで塞いでますんで中には入れないですよ」

(右上のマーカーにヴィークルを集めて塞いでいました写真は前のターンですが。)

CIMG0060.jpg


なにっ!ホントだ。綺麗にマーカーの周りをヴィークルで被っている。例えトラックを破壊しても中からボゥイが降りてマーカー近辺に入るし、どうやってもマーカーの3インチ内に入れない。なんてゲームが巧いんだー!!流石ゲーム巧者と名高いmarupeさんです。完敗。

2戦目。店長のDA。
ランスピタイフーン×2とあとは全部ターミネーター。サイクロンミサイルポッドたくさん。・・・げっそりしました。たぶん、相性めちゃ悪。

CIMG0062.jpg


当然のことながらターヴィゴン1ターン目死亡。ゴーントは距離を詰めようとすると減らされ突撃距離が足りなくなり減っていき、たとえ接近戦に持ち込めても2+セーブ・・・。ムリでした。

店長は数合せに入ってくれるので、一応自動的に僕の方に勝利はつくのですが釈然とはしません。・・・あとでわかったんですが、実は店長1500ポイントで出ちゃってたみたい(笑)。

3戦目は布施さんのダークエルダー。

CIMG0075.jpg


・・・モンスターの天敵ダークエルダーです。ポイズン怖いよ。
先攻を取られ案の定ターヴィゴンが集中砲火。びっくりするほどの数を撃ち込まれました(スカージがあんなに撃つとは)が、3+セーブの出目がよくて1ターン生き残ったので、子供を産んであとは6インチ以上離すようにし(ゴーントの巻き込まれ死亡を避けるため)もう1体のターヴィゴンとゴーントで距離を詰めて早めに接近戦に持ち込みました。運良くレイダー2両を射撃で破壊できたので。こっちから突撃。ひ弱なゴーントも数多く揃えてこっちから突撃すれば親の毒袋とアドレナリン分泌腺の効果でウィッチやカバライトウォリアーとは互角以上に戦え、敗走に持ち込み押し込んでいってなんとか勝利。最後に1勝できてよかったです。

1日で3戦するのはとても疲れますが、スローンオブスカルの練習にはもってこいですね。スムーズなゲーム進行を心掛けてできるだけスピードアップしてゲームできるようにしたいです。

参加者の皆さん、ARROWさん1日楽しいゲームをありがとうございました!!
  1. 2013/01/28(月) 01:12:59|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

噂・・・ですよ?(ディーモンリリースデート他)

ディーモンの新発売に関する噂。

BOLSのRumor Roundup(http://www.belloflostsouls.net/2013/01/40kwfb-rumors-chaos-daemons-inbound.html)より

Voices in the Wind say:


Schedule
Look for dual 40K/WFB Chaos Daemons army book-codexes in Feb/March.
They should be in the March White Dwarf, and hit the street end of February

New Models (cut this list into two equal sized waves - one with the codex, one following up a quarter later).
- All four Greater Daemon plastic kits with named options
- Plastic Furies, dual-option kit with "Flesh Terrors"
- Plastic Khorne Chariot, herald, dual kit with a cannon, pulled by Bloodcrushers
- Plastic Tzeentch Chariot, herald, dual kit with "flame-beast" pulled by screamers, ( 40k: a Skimmer)
- Plastic Nurgle Palanquin, (chariot), carried by Nurglings, (combines with Nurgle GD kit for named character model - Ku'gath)
- Nurgle Plague-flies jetbikes/monsterous cavalry (40K-Elites, WFB-Rares)
- New Daemon-engine, bipedal with atypical porportions, uses ectoplasmic weaponry of CSMs, has numerous options for CC or Ranged loadout. (40K- Heavy, WFB-Special)
- New Daemon flying MC. (40K-Fast Attack-flyer, WFB-Rare)

Rules
- Daemon Princes with Wings will move slots in 40K.
- Look for across the board points increases in the codex/army book.

ニューモデル

各4大グレーターデーモン(プラ、コンパチでネームド)
コーンのチャリオット(コンパチでキャノン)
ナーグルのパランクイン(チャリオット扱いらしい?プラアンクリーンワンと組み合わせるとク=ガスに)
ナーグルのジェットバイク(ハエ乗り)
プラスティックフューリー(コンパチで”フレッシュテラー”?なにそれ)
ティーンチのチャリオット(ヘラルド騎乗orフレイマーが乗ってる新ユニット)
新しいディーモンエンジン(エクトプラズマキャノン撃つ?)
新しいフライヤー(モンスター。ファスト枠)

本当にこんなに新モデル出るんですか?それでWD更新ってマジで?商品を売るためにルールはタダっていう方向性は正しいと思うけど。
とりあえず全部買う。
  1. 2013/01/17(木) 07:07:04|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スローンオブスカル練習in千葉イエサブ

千葉イエローサブマリンでクラブチーム「ビッグチョッパ」さんの定例会に参加してきました~。

今回は、いつものイエローサブマリン店内デュエルスペースを飛び出して、同じ階のエスカレーター登り口のイベントスペースで開催。ゲーム卓3卓+ペイントベース1卓と展示用スペースも取れて、人の流れも多くよく目立つしGWゲームのプロモーションとしてはとてもいいんじゃないでしょうか?この日だけでも20人近くの人が目を留めたり「これは何のゲームですか?」と声を掛けてくれましたし。

さて、今回は阿修羅さんにお願いしてスローンオブスカル練習戦1500ポイントをしてきました。僕はディーモン阿修羅さんティラニッドです。ゲーム始まる前、「こっちはディーモンだし、スローンオブスカルの練習だから2時間半以内に終わるようにスムーズに行きましょう」とか言ってたんですが、あんな激戦になるとは・・・。

阿修羅さんのティラニッド。バイオヴォア2体(別ユニット)とティラノフィックスというヘヴィ枠が高火力ですね。
ウォリアー9体にプライム合流のユニットもどう潰せばいいのか・・・ええぃ!ソウルグラインダーはないのか!?
(ありません)
tyranid


僕の方はいつものロスターにピンクホラー1ユニットをブラットレターに変えてみたお試しロスター。前日に塗っておいたピンクホラー電撃持ちも3体編入しました。

シナリオは5番の奴(マーカー各1個)、斜め配置(最近多いな)。マーカー1個なので、自軍のは死守しつつ相手を妨害して混在まで持ち込みたいシナリオです。ポイント差が付きにくいので、先制打撃と敵戦線突破も重要です。

ダイスロールで自分が後攻をもぎ取ったので、1ターン目は阿修羅さんのティラニッドが距離を詰めます。
後攻の自分のターン。さて、「悪魔の強襲」です。「2!!」また意図しない方が出てしまいました。

・・・まぁ、マーカー1だしティラニッドの射撃だから大丈夫か。
などとタカを括って距離を取って配置。

2ターン目表、それは間違いだと知りました。バイオボアのブラスト(大)射撃2発がピンクホラーを直撃!!まだカイロス様来てないのに!!!大ダメージ。なんとか壊滅は逃れましたがバイオボアの恐ろしさを感じました。

その裏、ようやく本陣が到着し始めます。相手陣側は狭い感じだったので、自陣奥からカイロス様の効果範囲を最大限に使って戦線を押し上げる作戦です。マーカーが一つずつなので、最終ターン近辺の5ターンまでに相手陣に入っていればいい。フライングモンスター2体を擁する自軍なら、最初からあまり突出しない方がいい。バイオボアの射撃は怖いが、カイロス様のリロールがあれば・・・。距離が遠いので射撃で戦果はあまりなし。森に入ったブラッドレターは危うく切り裂かれそうになって、カバー取りに行ったのに早く出なきゃ!!と焦る程度。

3ターン表。リッパースォームを全面にジリジリ前線を押し上げるティラニッド。そこにマイセティックスポアが!!かなーりズレましたがカイロス様を射程に収める場所に降り立ちました。中から出てきたのはディヴァウアーを持った20体のゴーント!!60発の射撃がカイロスを襲う!!

・・・18発当たって7発くらい通りましたが、ノーダメージ!!落下もせず!!流石カイロス様。
返す刀でその裏、まず、先制打撃を取りにブラッドサースターがマイセティックスポアをベクター・ストライクで除去(結果的にこれが勝敗を左右しました)。僕のフレイマー(1体死んで)3体がぎっしりと密集したゴーントに息吹を噴出。36発命中して15発通り20体中15体倒します。残った5体もピンクホラーで消します。バイオボアも怖いのでスクリーマーで接近戦を挑んで倒します。
でも、まだバイオボアは1体居るし、1ユニットだけ突出したスクリーマーは風前の灯火でしょう。

4ターン目表。この時点で2時間近く。本番だとここら辺でコールが来る?実は4ターン裏で終わってたら僕の先制打撃の1とお互い敵戦線突破ポイントだけで終わってましたね。お互いのマーカーに徒歩でたどり着きもしない。ここらへんの時間間隔は意識しておいた方がよさそうです。マーカーを後ろに配置したら、お互い取れない可能性が高いという・・・。

スクリーマー1ユニットは除去。カイロス様のリロール圏内から外れたブラッドサースターにゴーント10体とティラニッドウォリアーとティラノフィックスの射撃が火を吹きます!!ヤバイ!!

空中で2ダメージを負い、しかし落下せず!!今回はとにかくフライングモンスターに当たりはしますが落下しなかったので、助かりました。1/3で落下してラスキャノン並みのダメージを落下時に喰らいますからね・・・突撃されちゃうし。

フレイマーにリッパースウォームが突撃してきましたが、なんとか持ちこたえる。

4ターン目裏、もうトループの数も寂しいので相手拠点の確保は諦め、カイロス様と(漸く自動到着で登場した)スクリーマーもう1ユニットをターボブースターで一気に敵拠点目前まで移動させます。ブラッドサースターはティラニッドウォリアーをチラ見しつつ(ウォリアー即死させられるから戦いたいんだけど、プライムと一騎打ちになると即死させられないし、傷の残りに不安がある。ウォーロード撃破を与えるわけにはいかない)、ベクターだけかまして通り過ぎて、やっぱりカイロス様の元へ寄って敵拠点を守るターヴィゴンを倒しに向かいます。リッパースウォームにブラッドレターが突撃して壊滅させます。再編移動で6を出して猛烈バック!!自軍マーカーに寄ります。バイオボアの射撃でかなり数の減っているピンクホラーは人食い森が怖くて迂回したために自軍拠点へまだ距離を残します。←実際、これがかなりの危ないポイントでした。

5ターン目表。ついにティラノフィックスまでもが前線に出てきました。ブラッドサースターで除去すべきでしたが、まだ傷6を残すティラノフィックスを倒している余裕はないと考えていました。阿修羅さんはウォーロード撃破を狙ってブラッドサースターを空から地面に落とそうとしましたが、落ちず。ウォリアー、ゴーンとは僕側のトループを削ろうと射撃!!数がかなり少なくなり微妙な展開です。マーカーは両方混在。お互い敵戦線突破を取り差は僕の先制打撃のみ。

裏。このまま終了すれば僕の勝利です。ブラッドサースターとスクリーマーはターヴィゴンに突撃。ブラッドサースター先輩のひとなでで5ダメージ与え(!)即除去。スクリーマーの援護がいらない・・・だと。再編移動でとっとと敵拠点の方に入って射撃からも逃れます。自軍マーカー近辺はブラッドレター2体とピンクホラー7体、フレイマー2体(しぶといっ!)とピンクホラー3体(これはちょっと遠い)のみ。相手はティラノフィックス、10体のゴーント、ウォリアー4体とプライム。ターンが進むほど分が悪くなるのでとっとと終わって欲しいです。

ミヤザッカルさんにお願いした終了ロールは・・・継続!!6ターン目に突入です。
ここまでは、まだ僕は少し余裕がありました。微妙にウォリアーは距離がある(戦場中央の森を抜けるのに手間取って射撃はできるがこのターン裏でも突撃はまだできない距離だった)し、射撃で自軍マーカー近辺のユニットを全部除去できるとは思えなかったからです。
阿修羅さんもどちらかと言うとカイロス様を送り返すという方に興味が向いたようで、射撃を集中させ2ダメージを与えます。さて、カイロス様お約束のダメージごとの士気チェック!!

・・・「10!!」

ハイさようなら。

「あ、今日はこの辺でお先に失礼しまーす。6ターンも頑張ったんだからもう帰ってもいいよね?残業はしない主義じゃないですか自分?」(知らねーよ!!)

と言って帰ってしまいました。おーい!!(笑)コイツ、毎回1ダメージ目の士気チェックで帰ってるな・・・。
まぁ、6ターンずっと撃たれ続けてようやくダメージですから、十分役割は果たしてます。損害担当ですから。しかも、HQ2枠入れると絶対にウォーロードにならない!!(士気9しかないから)死んでもいいんです。

裏で敵陣のバイオボアとゴーントを除去し、完全に・・・「確保なし」です。トループがたどり着けないので。
ピンクホラー7体は少し悩んで・・・ウォリアーを削る方に向かいます。マーカー死守はブラッドレター2体に任せて。敵から見えてないし。
フレイマーが頑張ってウォリアーを削ります。オマエ、よくずっと生きてるな!!

よしよし、このターンで終了な勝利だぞ。ミヤザッカルさん、お願いします。・・・コロッ。継続!!(泣)

7ターン目!!これが最終ターンです。こっちはもう自軍マーカー死守するしかありません。
ウォリアーがキタッ!!ヒィィブラッドレターに突撃。ティラノフィックスもピンクホラーに突撃。

ここで微妙な展開。ブラッドレターはまず消えます。そして、ピンクホラーは確保圏内から1インチちょっと離れているので、ここでティラノフィックスに接近戦拘束されてしまうとマーカー確保は相手ウォリアーにされてしまい、負けてしまいます。そしてその通りになりました。
ただ、こっちには・・・・フレイマー(1体)が残っています!!(ゴーントの射撃で殺せなかった)

7ターン目裏、フレイマーは・・・ジャンプしてマーカー3インチ以内「混在」。

お互いマーカー確保なし、お互い敵戦線突破、ウォーロードもお互い生存(ブラッドサースターさんブルってます)、ということで僕の先制打撃1ポイント分の差で僅差の勝利!!

いやぁ疲れましたね。最初「2時間半で終わらせましょう」とか言ってたのに4時間以上掛かりましたよ。
ティラニッドウォリアーを蹴散らす射撃がない(S8以上のブラスト大)ので、削れないのが大変ですね。スウォームも傷だけは多いし、モンスターも硬いのでどこから削ればいいか悩みます。バイオボアの射撃が結構痛くて、最初でトループの数が減ってしまい、動きが少なくなってしまいました。やっぱりブラッドレターはいらないか・・・?あと、カイロス様が居ないと怖くて全然進軍できないのも問題かな、僕の心が。ブラッドサースターとスクリーマーだけで敵陣をかき回すこともできるんだろうか。

MVP文句なしフレイマー。4匹で20ダメージくらい叩き出し、最終的に勝利まで呼び込む活躍っぷり。4匹で92点・・・?おいおい冗談だろって感じです。

とにかく緊張感のある楽しいゲームでした。お付き合いいただいた阿修羅さん、ありがとうございました!!
  1. 2013/01/14(月) 03:48:46|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンクホラーとデーモンプリンスオブコーン

ちょうど1ヶ月前にARROWSさんで旧メタル(ひとつ前のメタル)ピンクホラーを手に入れたので、これを電撃持ちにして使おうと思ってペイントしました。

僕はピンクホラーを大昔のピンクホラーとブルーホラーに分かれていた時代のメタルを35体と、一番新しいプラを20体持っていて、今回ひとつ前のピンクホラーを6体体手に入れたので、チャンジリングさんも入れるとピンクホラーだけで62体居るんですね。しかも、全部塗ってる・・・それほど、6版におけるピンクホラーの強みを感じているのです。3000ポイントくらいだったら15×4スコード入れても1000ポイントちょっとですから。180発も撃てますし(笑)、セーブも4+なので結構硬いんです。カイロス様が近くにいると本当に鉄壁。しかもディーモンなので恐るものなしですから、確保兼妨害兼膠着ユニットとして計算できるんですね。正直、トループ枠はピンクホラー以外いらない・・・。

pinkhorror1

白サフの上に「WARLOCK PURPLE」(現在のScreamer Pink)をベタ塗りして、レイヤーで「PINK HORROR」を重ね、ハイライトはキツ目に「WHITE SCAR」で薄めた「PINK HORROR」。ちょっとハイライトが浮き目になったところで水で薄めた「RED GORE」(現在のWAZDAKKA RED)で色調を整え、「CARROBURG CRIMSON」でウォッシング。暗いところは「CARROBURG CRIMSON」に「CHAOS BLACK」(現在のABADDON BLACK)を少し混ぜて水で薄めたものを流し込みました。電撃は「FRASH GITZ YELLOW」と「GEHENA'S GOLD」を交互に薄く何度も塗っていって最後に軽くウォッシング。あ、この電撃は主に針金とパテでできております。

PINK HORROR2

一番お気に入りはこの子ですね。写真だと飛んじゃってますが、もっと黒が勝ってて陰影がクッキリできて満足です。

PINK HORROR3

電撃持ちも一応アップで。プラス10ポイントでかなり強烈な火力が付きますから、最小5体編成でティーンチ神の電撃を撃つだけのユニットを作ってもいいですね。ヴィークルの背後にディープストライクできたら美味しいです。

以前から使っていたコーンのデーモンプリンスもブラッシュアップしました。

デモプリ1

剣がエンチャンテッドブルー(旧色)ベタ塗りだったので、中央はエンチャンテッドブルーのままに少しずつ「HOETH BLUE」~「SPACEWOLF GRAY」(現在のFERISIAN GREY)でグラデしていきました。溝も一応ウォッシングして浮き上がらせました。

デモプリ2

左手はちょっと銃口みたいな部分があるんですね。これはケイオススペースマリーンベースで使う時にスカラスラックスの剣(12インチ先に撃てるフレイマー)扱いで使ってみようかと思いました。炎の表現はピンクホラーの炎と同じ、根元が「TROLL SLAYER ORANGE」で先は「RED GORE」です。

最後に新旧のピンクホラーを並べてみました。(左から右に向かって新しくなる)

新旧

一番昔のは手も顔も大きくてユーモラスで、今回塗った真ん中が一番アグレッシヴで冗談が通じなさそうなルックスをしており、一番新しいプラは新旧の味を取り入れてちょっとユーモラスさも出てますね。
  1. 2013/01/13(日) 04:55:52|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当日役に立つかも知れないあれこれ(其の1)

スローンオブスカル(40K)当日まで、できるだけ当日のゲーム進行がスムーズに行くようにルール面の煩雑な部分や不透明な部分、スローンオブスカルの当日の運営でわかった部分をできるだけ書いていこうと思います。

本日、Twitter上でドロップポッドからの降車後の射撃について様々な見解が見られ、疑問が出てきたので質問をGWJに送ってみました。また、当日の運営についても質問してみました。

##1/10返答がありました!!スローンオブスカル2013FAQからのPDFを参照ください。

Q:ドロップポッドから降車した後の射撃について

ドロップポッドはクルージング扱いで到着しますが、降車したユニットはその後の射撃フェイズで通常通り射撃できるのでしょうか?または「クルージングをした」→「通常クルージング移動時降車はできないがドロップポッドの特殊ルールにより降車した」→「よって前のフェイズでクルージング移動をしていたから”無慈悲なる猛攻”を持たないユニットはスナップショットのみの射撃になる」のでしょうか?厳密に適用するとこうなってしまうようなのですが。

#こちらの質問に関する返答はない。多分、二つ下の答えに集約されているものと思われる。
Q:当日のゲーム時間について

2時間半の時間内にゲームが終了できなかった場合、どのタイミングで勝敗を計算するのでしょうか?ちょうど後攻終了時で計算できれば公平でしょうが、どちらか先攻しか終わっていないタイミングで終了時間が来てしまった場合は?

A. 運営スタッフが30 分刻みでタイムコールを行っているので、時間内に決
着がつかなそうなことがわかってきたら、現在のターンが終了した時点で「次
のターンまでやるか? もし次のターンの途中で終わったらどうするか?」
などを対戦相手と話し合ってみてくれ。何かアドバイスが必要な時は、会場
にいる運営スタッフに声をかけてみよう。


Q:当日のジャッジについて

セルフジャッジということでよいのでしょうか。スタッフの方が数人でも巡回してくだされば簡単なFAQなど対応もできると思うのですが。

A: その疑問が事前にわかっているものならば、ルールFAQ 用のアドレス
FAQ@games-workshop.co.jp(日本語) または Gamefaqs@gwplc.com
(英語)に質問しておいてくれ(なおルールFAQ は、それが誤植などでない
限り、各国語ルールFAQ だけが独自に更新されることはなく、世界同時の一
斉アップデートとなる。また、これらのアドレスに送られた全ての質問が回
答されるわけではない)。
イベント前日までにルールFAQ が更新されない場合は、当日対戦相手と話し
合って決めよう(対戦組み合わせが決まったら、ゲーム開始前にあらかじめ
話し合って合意しておくとスムーズだ)。その他、ゲーム中に何かルールの解
釈で問題が起こったときは、ルールブックP.4 の「最も大切なルール」が役
に立つだろう。
イベント当日はもちろん2 〜3 名の運営スタッフが会場を巡回しているが、
彼らにできるのは、そのルールの答えになりそうな記述がルールブックやコ
デックスやルールFAQ のどこに書いてあるかをアドバイスしたり、ダイス
ロールなどでその場の解釈を決めるための手助けをすることだけだ。
スローン・オヴ・スカルだからといって固くならず、いつもと同じように、
初めて出会った人とゲームをする時のような感じで、自然にゲームを楽しん
でくれればOK だ!


ルールに関することはまぁ・・・GW独特の「ダイスで決めようぜ!!」「話し合いで」みたいな
感じですが、運営に関する質問なら速いレスポンスが返ってくるようです。当日までに何か運営に
関して疑問なところがあったら質問してみます。
  1. 2013/01/10(木) 03:02:44|
  2. スローンオブスカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ToSスパーリング

6日(日)は神保町ゲームズワークショップ直営店2階のボビーバンカーでスローンオブスカルのスパーやってきました。

家庭の用事を済ませ、ふと時間の空いた午後3時、そう言えば今日はスローンオブスカルのスパーやってたなぁ今からでも大丈夫かな?と思い、直営店に電話してみたら、ちょうどお一人空いているということだったので、ディーモン1500ポイント担いで行ってきました。

直営店の2階は初めて入ったのですが、狭いながらもゲームボード6面使った戦場が2卓あり、外からの光も明るいいい場所ですね。

お待ちになられていたのは普段は廣島ミニチュアゲームの会でプレイされている狂道化さん。お正月で帰省中とのこと。アーミーは有る意味今一番熱いダークエンジェル。

お互い、来月の大会のこともありますのでロスターとかには触れませんが、一緒にいらしたゲームズワークショップ広報さんの話では「まだ本国でも6版になって大会が少ないのでテレインのバランスがわからない」とのこと。そこでテレイン多めの戦場と少な目の戦場が用意されていました。

どちらかというと多めの方を試して欲しいということでしたので、そっちでゲームしてみました。

戦場はこんな感じ

戦場


シナリオはレリック取る奴(初プレイ)、配置は斜めの奴(いい加減な笑)。ダークエンジェルはテレイン多めで斜めだと配置しづらそうでした。まぁディーモンは関係ないですが、テレイン多いと縦深事故りやすいので注意が必要でしょうね。

このシナリオは作戦目標であるレリックが一つで固定です。しかも中央に配置されるので戦力を真ん中に集中させがちです。でも、まぁ最終ターンにレリックを持っていればいいんで実際はゆっくりやっていった方が良さそうです。
相手が取ったレリックを奪ってもいいんですから。

作戦目標が1つ(3ポイント)ということは、先制打撃とウォーロード撃破と敵戦線突破が重要ですね。

僕は幸い後攻を取れたので(ディーモンはよっぽどのことがない限り後攻有利)、相手の出方を見ながら先制打撃を狙うように心がけていました。

ディーモンは全軍縦深攻撃で出現しますが、1ターン目は全体の半分(ユニット単位で分けて奇数なら切り上げて2つグループを作る)しか登場しません。そして最初にダイスを振って1~2が出ると自分で意図していない方の軍勢が先に落ちてきます(笑)。今回は後攻を取れたのはよかったのですが、狙ってない方の軍勢が出ることになって多少焦りました。でも配置が奇跡的にほとんどずれなかったので、フレイマーの火力を最大限に発揮できました。フレイマーは、射撃できた後も上手く生き残れたら非常に厄介なユニットになりますね。今回は意図せずフレイマーが先に出てきてしまいましたが、かえって大事に使うことができて勉強になりました。

スローンオブスカル当日はセルフジャッジとのことなので、ルールをよく熟読してスムーズなゲームができるように心がけてましょうね。僕はディーモンなんで、ゲーム早いっすよ!なにせディーモン相手だと1ターン目はないみたいなものですから(笑)。

こちらは最終的な形(レリックは中央のテレインの2階部分のダイス。ガッチリゲットしました)

戦場中央

これから2月10日当日まで、何回かはスパーリングのイベントをやるそうですので、チケットを持っている方は参加するのもいいかと思います。

狂道化さん、どうもありがとうございました。また、スローンオブスカル当日お会いしましょう!
  1. 2013/01/07(月) 00:29:58|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バトルフリート・ゴシック初対戦&スクリーマーペイント


ゲームズワークショップのスペシャリストゲームの『バトルフリート・ゴシック』(以降BFG)をmurasama君と対戦しました。自宅フリート?BFGはそんなに戦場広くなくて楽ですね。

僕が最初ということでテレインなしの各々750ポイント戦です。murasama君はグレイナイトフリート(ルールはスペースマリーン)で僕はケイオスフリートです。

僕の編成は

Warmaster(LD9) 100ポイント
DEVASTATION CLASS SRUSIER 190ポイント
MURDER CLASS CRUSIER 170ポイント
MURDER CLASS CRUSIER 170ポイント
INFIDEL CLASS RAIDER×3(SQUADRONS)120ポイント

クルーザー3隻とエスコート艦3隻です。
デヴァステーションクラスクルーザーは艦載機を積み60センチの長射程ランスウェポンを左右に積んでいるバランス型。マーダークラスクルーザーは45センチの高威力砲台を左右に積んでいる攻撃型。インフィーデルクラスレイダーは一撃必殺TORPEDOSタイプのミサイルを撃てる高機動艦です。エスコート艦なので装甲は紙っぺらです。

murasama君は

STRIKE CRUSIER4隻とSWORD CLASSのエスコート艦3隻でした。マリーンのストライククルーザーはライトクルーザーなので機動・旋回に比較的優れ、マリーンの特徴である艦載機のサンダーホークをバンバン送り込める優秀な艦です。ソードクラスのエスコート艦は直接攻撃力が高く侮れません。

ケイオスはマリーンと較べてLD値が低く、100ポイント払ってもLD9級の司令官しか使えないのに、マリーンは50ポイントでLD10の優秀な司令官が使えて、各々の艦のLD値も高く命令が通りやすいです。僕は最初のロールで低い目を出したので、デヴァステーションクラスは司令官のLD9ですが他が7・7・6と厳しい状況。命令はほとんど通らないと思ったほうがよいでしょう。

最初なのでシナリオ1のCRUSIER CRUSHで、初期配置しました。

BFG初期配置

一応、ケイオスは長射程・高威力なので距離を取ったつもりだったのですが、実際ゲームしてみるともっと離したほうがよかったし、軸線も交わらないようにむしろ真横に近い向きにしておいてもよかったくらいでした。正面向きすぎ。

ケイオス側先制で1ターン目の射撃であまり戦果を挙げられないと、後攻のマリーン側からワラワラとサンダーホークが飛び出してきて(安定して命令を通すので8マーカーも)、ケイオスのファイター4機を蹴散らし迫ってきます。2ターン目に多少ケイオス側もダメージを通しましたが、返す後攻でサンダーホークに取り付かれマーダー級の右舷の武装やエンジンが壊れダメージも受けます。方向転換ができなくなってしまったので直線方向に進んだ結果、3ターン目にストライククルーザーに背後を取られ撃たれまくりマーダー級1隻は4ターン目に撃沈。

背後をつかれた

これくらい背後取られるとかなりヤバイ。そしてもう1席のマーダー級もストライククルーザーに接舷戦闘され半分以上のダメージをくらい火力が落ちます。エスコート艦の必殺ミサイルでソード級エスコート艦3隻を破壊しますが、その後はジリジリサンダーホークに削られ、マーダー級2隻目撃沈。デヴァステーター級もダメージを少し負ったところで6ターン終了。総合で結構な差で負けました。

うーん、LD値の初期値が低すぎて命令が通らなかったは運なので諦めるしかないですが、もっと距離を取ったほうがよかったなぁ。あと、実は接舷戦闘はマリーンの方が強いので近づいてはダメ。勉強になりました。

次やるときはバトルシップを入れて、あとデヴァステーター級を2隻にしてマーダーを1隻にし、INFIDELクラスのエスコート艦を2・2くらいのスカッドロンで運用してみようかなぁと思いました。

最低移動距離とか、艦の向きと武装とか、相手の機動を考えながらのゲームで、40Kとは違った楽しさがあるゲームですね。艦の管理をうまくできれば、もっとスムーズに進行できて適度な軽さでやりやすいゲームだと思います。


さて、今日はスクリーマーを補修&リペイントしました。

このスクリーマー、以前はただメルタボム持ってるだけのジェットバイクで16ポイントだったのが、アップデートでむちゃくちゃ強くなった上に6版でジェットバイク自体強化されましたから、一気に最強ユニット候補に踊り出ましたね。

例え2月にディーモンのコデックスが更新される(あくまでも噂ですよ)としても、アップデートしたばかりのスクリーマーはあまり変化がないと思われますので、増強しても損はないでしょう。実際、最近の戦果は目覚ましくアポカリプスではスーパーヘヴィヴィークルをあっという間にスクラップにしましたし、普通のゲームでもヴィークル3両くらい壊したりターミネーターを食い荒らしたりと大活躍です。

スクリーマー


色々カラフルな感じにベタ塗りして角とか突起部分だけ新色だとスクリーミングスカル、旧色でロッテンフレッシュで塗っただけでしたが、それじゃ流石にかわいそうなので多少ハイライト、鱗っぽいところにオレンジとか赤とか緑とか紫をランダムに塗って終了です。フライングベースだからベースも塗らなくていいしラクチン!

でも実はこのミニチュアは全部メタルなんですが、組み立てが面倒なんですよ。だから工程の約半分は組み立てです。だから塗りが簡単でもいいんです(笑)。

僕は塗るの大好きなんですけど、組み立てはだいっきらいなんですよ。だからe-bayで組み立てサフ吹き済みのミニチュア買って済ませることもあるくらい(これから塗る予定のIG兵士30体とかそうですね)。あ、ターマゴーント組み立てのは大好きです。無駄に100体近くありますね。ターヴィゴン3体ロスターに入れる予定だから今後使うでしょう。あと30体くらい未塗装ですが。

最初にも書いた通り鬼のように強いユニットなので、プラのスクリーマーを3体買い足して12体にして6・6で運用してもいいかと思います。そうしたらフレイマーいらないくらいですが(汗)。
  1. 2013/01/03(木) 16:44:54|
  2. BFG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カイロスとフレイマー

今日は実家に行かなくてはいけないので、早朝ペイントしました。
実家にはまだミニチュアがどっさり眠っているのでちょっと持って帰りますかね。

ちなみに実家は千葉の柏です。暇があったらMr.Fieldさん寄ってみようかな。

さて、僕のアーミーでほぼレギュラーで参戦しているカイロス様の補修と細かい調整を行いました。

カイロス2

僕は未塗装フィギアを大量に抱えているので、ある程度ベタ塗りでも塗ってしまったらゲームに使ってしまうのですが、スローンオブスカルでも恐らく使用するであろうカイロス様をきちんと塗りきらないで出さないわけにはいかないので。

カイロス1

本も白紙だった所を文字っぽいものを書いてみました。まず、ボールペンで適当に書き、それをレイクランドフレッシュシェイドで適当に汚した後、面相筆でアバドンブラックを使い修正しています。

羽のグラデーションももう少しはっきりさせ、小物類に色を入れました。

次はフレイマーです。
僕は大昔の鳥頭フレイマーを6体持っていて、普段はそっちを使っているのですが、ずっとペイントのイメージがうまく一致しなくて満足しない出来のまま使っていたんですね。だから新しくプラのフレイマーが出たときに買い直してこっちを使おうと思っていました。

フレイマー1


ベースはカレドールスカイ、ハイライトはホエスブルー、一部フェンリスグレイ。あまり汚したくなかったので陰影部分にのみレイクランドフレッシュシェイドでウォッシュし、炎の部分は根元がレッドゴア、先っぽはトロールスレイヤーオレンジです。

旧フレイマーと比較

フレイマー2

旧フレイマーはなんとなく可愛らしいんですが、やっぱりプラフレイマーの方が出来がいいですね。
でも、旧フレイマーもどうにか使いたいんで、今回ペイントしたメソッドでリペイントしたいと思います。
フレイマー12体くらい居ても余裕で使いますよね!!(笑)
  1. 2013/01/02(水) 08:28:35|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログはじめました

明けましておめでとうございます。

新年になりまして、何か始めようと思ってブログをはじめました。ちょうど、僕の楽しんでいるホビーのWarhammer40K(以下40k)の大きな大会がありまして、それに僕が参加することになったので、それまでの道のりなんかを記録しておこうかな、と思い立ったのです。

fc2ブログはいつも拝見させていただいているニッシュさんやBetzさんのページと同じなので、始めやすいかな?と思いまして。お二人のように気合いの入ったエントリーはできないと思いますが、自分なりペースでやっていこうと思います。

来月の大会はスローンオブスカルと言うのですが、それが終わってもまだまだWarhammer漬けの生活は続くので、ペイント記録などを書いていこうと思ってます。ま、来年もスローンオブスカルあるだろうから、常にスローンオブスカルへの道なんですけどね(笑)。

さて、僕はスローンオブスカルにはケイオスディーモン(以下ディーモン)で参加予定です。ですが、ディーモンはもう6000ポイント以上塗ってあるんですよね(笑)。なので、多分大会に使っていくミニチュアのリペイントや精度のアップなんかを書くと思います。

で、大晦日から元旦に掛けてやってたことと言えば全然関係なくヴィークルの塗装です。

僕はWarhammer歴13年40K歴7年なのですが、その間ディーモンとティラニッドしかやってなかったので、ヴィークルを塗ったことがなかったのです。今年からスペースウルフを始めるので、まずそのヴィークルを塗ろうと思いました。

ライノ

なんかカメラからPCに転送するときにひどく劣化してますが・・・一応ウルフカラーのライノ2台とイージス防衛ラインです。写真ヒドイですね・・・ちょっと考えないと。

黒サフベースから「ザ・ファング」をベタ塗り→「カレドールスカイ」を薄めてベタ塗り→「バダブブラック」でウォッシュ→「フェリシアングレイ」でハイライトという手順です。細かいところはまだ塗りきってないのもありますが、とりあえずゲームで使える程度に仕上げました。
  1. 2013/01/01(火) 23:44:04|
  2. warhammer40000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

野火(novi)

Author:野火(novi)
東京在住のミニチュアゲーマー、ゲーム歴は長くゲーム回数は少ない。原体験は小学校4年生の時に出会った新和版D&D(通称赤箱)。Warhammer40000ではケイオスディーモンとティラニッドをやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
warhammer40000 (17)
BFG (1)
スローンオブスカル (4)
自己紹介 (1)
SAGA (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。